【引き寄せの法則】ザ・シークレットを観て♪

スピリチュアルカウンセラー養成講座、4回目の宿題は

ザ・シークレットTHE SECRET [DVD]

のDVDを観て感想を書く~

でした♪

ザ・シークレットは、

いわゆる『引き寄せの法則』を紹介した映画です。

 

★★★

 

最近?いや、ちょいかなり前から

流行りの引き寄せの法則的な本、

私は大好きで、

結構色々、読んでいます。

 

お金や結婚や仕事や夢など、

切り口を変えてたくさんの書籍が出ています。

目に見えないスピリチュアル的なことが好きな私には、

すんなりと受け入れることのできる法則、なんですが

なかなか受け入れることができない方も

多くいらっしゃるようですね。

 

でも、ね!

かなり柔らかめの

人生は思い通り! マンガでわかる「引き寄せ」の法則」から

自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング

自己啓発本的

思考は現実化する_アクション・マニュアルつき」まで

他にもいろいろありますが、

読んでみると納得するところ、いっぱいです。

 

★★★

 

人は、見ているようで見ていない。

周りの景色、

周りで起こっていること、

見ているようで見ていないんですね。

 

例えば。。。

車を買い代えたとしましょう。

そうすると、

買い代えた新しい車の車種が

世の中に結構多く走っていることに気づきます。

それは、

その車が急に人気が出て、

売れて、

走っている車を多く見るようになったわけではなく

(急に人気が出る場合もあるでしょうが、、、)

多くは、自分が乗っている車なので気にかけて

走っている車の中に自分の車と同じ車種の車に目がいくので

よく見かける、

ということなのですね。

自分が意識するから、

それが視界に入ってくるし、気づく、

ということなんですね。

自分が意識しないことは、

どんなに頻繁に目の前を通っても、

多くは気が付かない、気にならない、気に留めない。

だから、見ているようで、見ていないんですね。

 

だとしたら、

必要な情報は、自分でコントロールしてキャッチできる!ってこと、

ですよね♪

自分の叶えたい夢を意識して、常に考えていると、

それに必要な情報に気付く、気になる、気を留める。

そうすると、その夢の実現は、そう難しくないのかもしれない、

ですね。

必要な情報が、どんどん現れるのだから(^^♪

 

でも、

この現象は、ポジティブな思いだけでなく、ネガティブな思いも同様に

常に考えていると引き寄せてしまう。

こうなったら嫌だな、という思いを常に持っていると

その嫌な情報に目がいってしまい、

そんな情報ばかりが集まってしまう。

そうなると、起こってほしくない現実を起こしやすくなってしまう!

って、あるな~って思いません??

私は、思考が単純なので、

ある!ある!って思ってしまってます(^^♪

 

だからね、

この引き寄せの法則的な本を読んでからは、

できるだけネガティブなことは考えないように、

できるだけポジティブなことだけを考えるように、していたんです。

 

★★★

 

今回、『ザ・シークレット』で、動画として引き寄せの法則を観て、

「できるだけポジティブなことを考える、だけでは、弱い!」

ってことに、新たに

気づきました。

夢を現実にしたいのなら、

その夢が叶ったときに自分がどんな感情になるのか、

そのリアルな感情が必要で、

感情こそが引き寄せの法則を導くのだ、ということを

ザ・シークレットでは強く唱えていました。

 

リアルな感情って、

「あぁ~、幸せ~」とか

「嬉しいィ~」とか いう感情ネ♪

 

そのリアルな感情が波動となって、同様の情報を引き寄せるってこと、

なんです。

ただ、単に意識する、くらいでは、リアルな感情が湧かないから、

弱い・・

引き寄せで大切なことは、

リアルに感じられるほど強く強~くイメージして

その夢が叶ったことをリアルに感じられるほどイメージして

その時の感情をリアルに感じることが必要だ~ってこと♪

 

なかなかそこまでやってなかった~(‘◇’)ゞ

と、反省(^^;

早速、イメージしましたよ♪

こないだ買った、宝くじ!

「7億円当たったよ~」ってとこ(^O^)

 

★★★

 

ザ・シークレットを観て、

そんなこと考えて、

イメージした、

真夏のある一日、でした(^^♪

では、では、またね☆彡

母の振り見て母としてのあり方を。息子の振り見て子としてのあり方を。

今、私は、
母としての私と、
子としての私を
フル活用で、生きています(*^^*)

なんて、
そんな大袈裟なコトではないんだけどね♪

沖縄へ定期的に帰省するようになって、
実家の母と過ごす時間が増え、
母の前では、
娘としての私がいます。

この四月から、独立するために会社勤めを辞め、
家に戻って一緒に住んでいる息子の前では、
母としての私がいます。

息子は、都内に一人で住んでましたので、
社会人としてスッカリ自分の生活スタイルがあって、
会社勤めを辞めたとはいえ、
これからの仕事のために、家でやりたいコトは沢山あるわけで。。

学生の頃のように、
時間だからご飯を用意して、
一緒に食事をする、
ってのも、ちょっと違う気は
してました。

しかし、
一緒に住んでると、
母である私は、
ついつい一緒に何かしたくなっちゃうんですよね〜(^◇^;)
だって、
可愛い可愛い息子、だから(^.^)
オトナになっても、
愛おしい愛おしい我が子だから(^.^)

ついつい、
どこどこ行かない〜?
とか、
何々食べない〜?
とか。。。

でも、ね。

沖縄へ帰って、
母が私のコトを色々構ってくれる時、
有難いんですが、
ちょっとウザく感じることも多くなり。。

子どもとして、
母親が自分の時間にズカズカ入ってくることに
苛立ちを感じることもあったり
するわけです。。

息子も、
私が色々構うのが面倒クサイんだろうな〜
という、
子ども側の気持ちがわかったりも
しています。

ただ、
息子から、ウザそうな態度をとられると、
母としては物凄〜くさみしいわけで。。(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

そんな時、
子どもからウザそうにされると
悲しくなる母親の気持ちがわかったり
しています。

それぞれの立場に立って、
それぞれの思いがわかるお年頃。。

★★★

先日、
今、お勉強中のスピリチュアルカウンセラー養成講座で、
学んだこと。

『母の前では、女優であれ』
母親の前では、
自分が子どもにされて嬉しい娘を演じる女優であれ〜
とのこと。

母に、
私と同じ気づきは、必要ないんですよね(^^)
私が、
息子にどうしてもらったら嬉しいか、
それを母にしてあげることのできる女優になって、演じていく、
ってことね♪

それは、
決して、イヤイヤ演じるのではなく、
自分が母親として、
息子にされたら嬉しいこと、なんだから、
きっとステキなコト☆
ナンだわさo(^-^)o

そして、もう一つ。

子育てがうまくいった!ってのは、
その子に
『もうあなたは、必要ないよ』
と、言われること!

親としては
物凄~~く
さみし〜いコト、だけどね♪

成長して、しっかり独立して、
親から離れていくことができたら、
子育て成功!
で、
子育て卒業!
なんだってコト!

涙がちょちょぎれましたが、
息子には、もう私は必要ないんですよね。
しっかりオトナになって、
なんでも自分で決めることができる。

もう、すっかり立派な大人、デス。

喜ばなくっちゃいけない、トコ(^.^)

いつまでも、
子どもでいて欲しい、
頼りにして欲しい、
必要として欲しい、
と思うのは、親のエゴ、なんですよね〜

理解はできたけど、
まだまだ落ちきってない自分がいます。
子離れ、できてないのよね〜(^◇^;)

私、子離れしなくっちゃ~!デス。

なんてコトを考えてる、今日この頃。

ではでは、またね☆彡

【スピリチュアルカウンセラー養成講座】出産しなかった女性へのカウンセリング

私は、今

【ママの働き方応援隊】という団体で活動をしています。

名前の通り、「子育て中のママの働き方を応援する」団体です。

「女性が出産後も仕事を通して 社会参加するための仕組みを創る」

を目的とし、活動しています。

★★★

昨日、

子どもを産まなかった女性が、子どもを産み育てなかったことについて

最近、心穏やかでない、という話を聞きました。

そのことについて、出産を経験した女性の団体の活動をしている私が、

出産経験がなく、

そのことで心穏やかでいられない女性へ

どう、話ができるのか。。。

受講中の、スピリチュアルカウンセラー養成講座で、

カウンセラーとしてどう対応するか

問われました。

★★★

私には、息子が二人います。

二人とも成人し、世間的には大人で、

もしかするとおじさんに見えちゃうのかもしれない。。(笑)

でも、

私からすると、いつまでもとてもとても可愛い我が子、なんデス♪

未だに なかなか子離れできずに、います(^^;

それほど、私にとって二人の息子は大切な大切な存在なんです。

★★★

私は、自分の子どもを産んで、育てて、

自分よりも大切な存在があることを知りました

私の子ども達、です。

子どもを産むまでは、自分のコトばかりで

自分以外の人を、

自分と同じように大切に思うことは

できなかった。。。

今、私は、自分と同じように、

イヤ、自分以上に

自分の子ども達を愛おしく大切に思っています。

子どもを産んで、育てて、良かったことは、

そんな気持ちになれたことです。

自分の中に、

自分以上に、

愛おしく大切に、人を想う気持ちがあった

ということに気づけたことです。

もちろん、

頭にきて叱ったりイヤになっちゃうことも

ありますけどね(;’∀’)

でもやっぱり、一番大切な存在です。

★★★

多分、私は、

その気づきのために子どもを授かって、

産んで、育てることをしたのではないか

と、そう思っています。

最近、

良いことも、良いとは言えないことも、

全てその人生の中での、気づきなんじゃないかな、と思っています。

だから、

ちょい前の「子どもを産まなかった女性」へ、

私は、

その方には、子どもを産み、育てる必要がなかったのではないか、

と、思っています。

そこでの気づきは、その方には、その人生で

必要ではなかったのではないか、、、

そう 思っています。

★★★

私はそう、思っていますが、

やはり、

その答えは、その方が自身で見つけるものなんでしょうね。

カウンセラーは、答えを出すのではなく

本人が答えを出すのを、待つ、なのかな(^_^)

★★★

カウンセラー養成講座では、

普段、なかなか深く考えることのないことを

考える時間があります。

考えなく時間を過ごすと、

自分のことって、ほんと気づけない。。

今、

講座の中で色々考える時間が持てて、

それを言葉にして、

聞いてもらって、

それまでぼんやりとしていた自分の思いや、考えが

しっかりとした輪郭をもって表れてくるようで、すごく楽しい~デス♪

★★★

スピリチュアルカウンセラー養成講座、4回目終了☆彡

毎回、なんだかすごく楽しい♪

今日はここまで(^^♪

ではでは、またね~☆彡

今日は何かとイライラ なんで【感情日記】

沖縄へ行きます♪

って日。

★★★

飛行機の出発時刻が遅延。

1時間余りも遅れてしまい、

1つ目のイライラ

飛行機の中

機内サービスのドリンクが、なぜか私の席の前の列で打ち切り。

カートを引き上げたので、

補給に戻ったのかと思い待ってたけど。

前の方から

使用済みのカップの回収をしはじめている。

待てど暮らせど、ドリンクサービスはまわってこない。

2つ目のイライラ

仕方ないので、

ドリンク頼もうと呼び出しボタンを押すが、

点灯していないのか誰もこない。

3つ目のイライラ

仕方なく、

通りがかりのCAさんを呼び止めドリンクを頼む。

私と同じ列の複数人が

一緒にドリンクを頼む。

が、

もちろん、CAさんは

前の列でドリンクサービスが終わってしまって、

私達の列以降にサービスをしていないことに気づいていない。

4つ目のイライラ

その後直ぐに、

機内販売のサービスが始まった。

カートに商品を積み込んで、

今度は目の前に

しっかり見えるように

商品をかざす。

機内販売だとこんなにも丁寧に。

ドリンクサービスを中断したのは

機内販売の時間をとるためか。

5つ目のイライラ

細かなイライラが積み重なる。。。

★★★

こんな時は 感情日記

今、勉強中の

スピリチュアルカウンセラー養成講座で

宿題として出されている【感情日記】☆彡

ノートに

  1. (負の)感情
  2. その感情が起こった事実
  3. 感情を認めて、その後、対応

を書いていく、ってもんです。

それを書いてくと、

自分の(負の)感情がどんな時に起こるのか、

自分の感情の癖?を自分で理解することができる。

そしてなにより、

スピリチュアルカウンセラー養成講座の場合は

『目に見えない感情を言語化する』

ってことが、大切なそうです。

カウンセラーには必要な技術☆彡 ですよね♪

因みに、この感情日記、

ネットで調べると色々出てきます。

私が教えていただいたものとはちょっと違うみたいだけど、

どちらも同じような目的だと思うので、お好きなほうをチョイスして

おススメしますよ(^^♪

スマホのアプリもあるようです(^.^) よ☆

感情は”負”である必要はないそうです、が

そのほうがわかりやすい!ということで(*^-^*)

★★★

最近、あまり怒りの感情が起こらなくなってたので、

感情日記に迫力がなかったのよね~(^.^)

今日のイライラ5連発は

ちょうどいい題材になった、

かな|( ̄3 ̄)|

なんて思った一日でした。

ではでは、またね☆彡

【生きる】を観た♪

スピリチュアルカウンセラー講座 2日目の宿題として、

黒澤明監督の【生きる】のDVDを観て感想を書く、というのがありまして…
観ました。

★★★

人間、死ぬ気になればすごく強くなれる
なんでもできる
人の目なんて気にならなくなる

そして
人は、人間は死ぬものなんだということを
なかなか実感できないでいるんだなぁ、と
思いました。

もちろん、私も。。。

自分が死ぬなんて考えてもいないから
強くなれないし
色々、躊躇しちゃうし
人の目が気になる。

本当にやりたいことを
やりたいようにやる
…やはり難しいことです。

この歳になって

楽しいことしかやらない!

なんて言っているけれど
やはり、ぐだぐだつまらないことをして
後悔して
悩んで
何やってるんだろう~ って
落ち込んだりする。

覚悟がないからだ

死ぬ気になっていないからだ

自分が死ぬだなんて
微塵も思ってないからだ

死を目前にした主人公が
残りの人生を強く、思うように生きたことが
「生きる」ということなんだろうな。

流されているだけで
時を過ごしているうちは
自分の人生を「生きる」とは言わないんだろうな。

私の寿命はどれくらいなのか?

今、
病もなく元気に過ごしているので
自分の死を感じることがないが
もしかしたら、事故ですぐに命が尽きるかもしれない

その時、
私は後悔しないか?

きっと、
後悔だらけ、だろう。

「生きる」
ということは、きっと
今日、この後、死んでも
明日、死んでも
後悔しない生き方なんだろうな

★★★

【生きる】を観て
そんなこと、思いました(^^♪

ではでは、またね☆彡